沖縄移住に高齢者は向いている?シニアにオススメな理由 IZUMAI通信VOL.58

2019.09.16

沖縄移住に高齢者は向いている?シニアにオススメな理由

 

 

 

 

沖縄はシニア層からも人気が高い「移住希望地」です。
風光明媚な土地というだけでなく、温暖な気候で生活しやすいのも魅力の一つでしょう。

 

 

ただし、移住するとなると、友人や家族とも離れてしまいますし、お墓や相続の問題など不安要素もあります。
それでも沖縄移住する人はたくさんいます。

 

 

シニアに沖縄移住がオススメな理由をお伝えします。

 

 

 

シニア層にとって、沖縄移住が魅力的な理由

 

 

沖縄は人口増加率が全国で2番目に高い県です。
子どもの出生率が高いのもありますが、移住者の多さも人口増加の要因です。

 

 

移住してくるのは若い人も多いのですが、目立つのが高齢者層です。
沖縄のどんなところに魅力を感じて移住を希望しているのかというと、以下のような回答が集まります。

 

 

・自然が豊かなところで生活できる
・冬でも暖かい
・スローライフを送りたい
・旅行で訪れ、気に入った

 

 

沖縄の自然の豊かさ、美しさはもちろん、沖縄全体に流れる、ゆったりとした雰囲気はまさに「スローライフ」向きです。

 

 

 

また、本土に比べると冬でも暖かく雪が降ることもないため、年齢を重ねた体でも過ごしやすいと言えます。
ただし、注意したいのは、長所と短所は紙一重であるということ。

 

 

自然が豊かな場所はたしかに風景が美しくスローライフに適していますが、田舎なので日常的な買い物や通院などでは不便な面もあります。
また、確かに冬は本州より暖かいのですが、エアコンが必要なくらい寒い日もあれば、冷たい風が吹きつけて凍える日もあります。
とはいえ、都心と比べれば自然が豊かで暖かく、のんびり暮らせるのは事実です。

 

 

にぎやかな場所から離れ、ゆっくり流れる時間を感じながら生活したい、という希望には確かに向いている場所だといえます。

 

 

 

シニア層の沖縄移住、注意したいお墓や相続について

 

 

高齢者になってから沖縄に移住した場合、そこで一生を終える可能性が出てきます。
そのため、自分が亡くなった後のことも考えておかなければなりません。
高齢者になってからの移住となると、自分の家族や親せき、親しい友人は本土にいるケースがほとんどです。
死後、葬儀やお墓をどうするのかを考えておきましょう。

 

 

もし沖縄にお墓を作るとなると、法要のたびに家族は沖縄まで来なくてはいけなくなり、負担をかけることになります。
沖縄にも永代供養のお墓があるので、それを購入して家族に心配をかけないようにすることも一つの方法です。

 

 

また、もしお墓を買った場合は、それをきちんと家族に伝えておきましょう。
家族が知らなかったばかりに、沖縄にお墓を用意していたのに、そこに入れなかったという話もあります。

 

 

また、沖縄に家を買って移住する場合は、自分の死後、家族が家を相続したときのことも考えておきましょう。
家族は本土に生活の基盤を持っているため、沖縄の住居を相続したとしても、自分もそこに移住して住むという可能性は低いです。
そのため、家を売るか貸すかすることになるでしょう。

 

 

築浅で相続できれば、良い値段で売ったり貸したりできますが、築年数がたってしまうと、売りたくても売れない、借り手がいない、それなのに相続税と固定資産税、維持費がかかり、余計な負担になってしまった、という状態に陥ることも考えられます。
元気なうちに、相続の対象となるものを整理し、財産を引き継いでいく家族としっかり話し合っておくことが大切です。

 

 

沖縄には高齢者専用の賃貸住宅もあります。

 

 

年齢の近い人たちが近くにいると共通の話題も多く、人間関係が築きやすいというメリットがあります。
移住先の住居は賃貸を選べば相続について心配する必要がないため、賃貸に入居するというのも一つの方法です。

 

 

 

高齢者だからこその対策が必要、仕事について

 

 

沖縄の賃金は全国的にみても低いレベルで、給与がさほどよくないことで知られています。
また、沖縄は都市部と異なり物価が安いというイメージがありますが、家賃など不動産に関わる価格も、日用品や食品などの物価も実は都会とそれほど変わりません。

 

 

むしろ島で採れる農作物以外は、東京よりずっと高額なこともあります。
そのため、ある程度のお金が必要です。

 

 

シニアの移住者の場合、年金だけで悠々自適に暮らせる人もいれば、年金もあるけれど生活にゆとりを持つため、働いてある程度の収入を確保したいという人もいるでしょう。

 

 

仕事があれば職場で人間関係を作ることができるので、移住先で働くというのは、沖縄に早く慣れるという意味でもおすすめです。
沖縄にもシルバー人材センターがあり仕事を紹介してもらえます。

 

 

前段で申し上げましたように、沖縄は日本全体の中でも特に賃金が安い県ですが、それは高齢者向けの仕事でも同じです。
そのため、起業や、インターネットを使って沖縄以外の会社から仕事を受注して稼げる手段を持つことをおすすめします。
これらの方法なら、沖縄の賃金に左右されずに収入が得られるため、金銭的な不安が軽くなります。

 

 

実際、沖縄には起業家がたくさんいます。
また、これまで培ってきた自分の特技を生かし、教室を開いたり、サービスを提供したりという道で活躍している人も少なくありません。

 

 

沖縄の企業で雇用されて働けば、人間関係を広がるというメリットがあります。
けれどそれだけでは収入が心もとないのであれば、プラスアルファで稼げる方法を沖縄移住前に見つけておくと良いでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

☆単身者だからこそ活用できる不動産投資方法をセミナーでお伝えしております!
☆収益物件として注目される沖縄の不動産投資情報もセミナーにてお伝えしております!
また、沖縄への移住・セカンドハウスをお考えの方や、収益物件をお探しの方もお気軽にお問い合わせください。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

単身者・沖縄県の収益物件情報なら
株式会社IZUMAI(イズマイ)
東京都知事(1)第102084

 

〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町32-3 秀和日本橋箱崎レジデンス 505

 

TEL:03-6661-7296
FAX:03-6661-7249
URL:http://izumai.biz/

 

♪お気軽にお問合せ下さい♪

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□